10万円をその日のうちに用意する方法はいくつかあります。

急に10万円の大金が必要になったものの、すでにどこかのキャッシングを利用していて借りることができない場合には、別の方法で10万円を用意する必要があります。いちばんいい方法としては、親族や知人などを頼ってお金を借りることですが、今までお金を借りることを依頼したことがなければ、貸してくれる人はいると思います。

 

しかし頼れる人がいなかったり、すでに大金を借りていたりしてできないこともあると思われます。またどこかの大手キャッシングを利用していてそこからすでに断られた場合は、別のキャッシングを利用することも検討するといいでしょう。しかも利用先は1つでなく複数を利用して合計で10万円にすれば、少額であれば貸してくれることもあります。なので一度キャッシングを提供してる会社に問い合わせてみるといいでしょう。

 

またその日に仕事先を見つけ、就業して前借りいう形で給与をもらえることもありますが、そのような形式で給与が支払えるのは風俗業などの一部の業種に限られています。また場合によっては給与の前借りは労働基準法に引っかかる場合もあり、注意が必要です。別の方法としては現在自分が所有しているものを質店に入れたり不要であれば売却することで、お金を作るという方法です。

 

質店であればブランド品や貴金属はもちろん、最近では携帯電話やタブレットなども預け入れられる商品の対象になっています。自宅に質店に入れられそうなものがあれば、持って行って10万円を貸してもらえることは十分に可能です。

ブラックリストに載ったら普通の方法以外の手を利用すること

基本的にブラックリストに掲載されてしまった時点で、ほぼ正規の方法でお金を借りられる術は無くなってしまうこととなります。

ブラックリストは退社も共有しているような感じであり、そのリストに掲載されている情報はどの会社も知っているというわけです。

 

当然このリストに掲載されている間は、借りられることがありませんので、別の方法を利用していくこととなります。方法として利用されているのは、クレジットカードを利用してお金を借りる方法となります。

 

ただクレジットカードを通常通り利用しても、お金を借りることはできません。キャッシング枠もブラックリストの対象となっているため、借りようとする場合は止められてしまうことが多いのです。

 

そこで利用するのがショッピング枠となります。ショッピング枠は高額な商品を購入することで、残った分だけ振込をしてもらえる方法があります。これを現実で利用出来るのが現金化というサービスであり、上手く利用していけば簡単にお金を借りられるようになります。

 

ショッピング枠を現金化することによって、簡単にブラックリストを回避することが可能となります。またブラックリストを回避したことによって、借りていることがばれることもありません。現金化を利用することによって、今すぐにでも借りられるチャンスを貰うことになりますから、困っている時は積極的に利用していくといいでしょう

無収入でお金を借りる方法は、まず存在しない

失業して収入が無くなってしまい、お金が必要になるという方もいるかもしれません。
無収入な状態からでもお金を借りる方法というのはあるのでしょうか?

 

結論から言ってしまうと、無収入でお金を借りることが出来る可能性はほぼ0です。
少なくとも、普通に営業をしている銀行や消費者金融といった所から借りれるということはまずありません。

 

そもそも、貸金業の対象者というのは、「安定した収入がある」という人を対象にしたものです。
元々返済見込みの無い人を客として見ているわけではないので、貸してくれないのも当然のことです。

 

そして、現在では法律によって、例外はありますが「借金は年収の3分の1まで」と定められています。
総量規制というのですが、これが定められている現在では年収0円の3分の1も0なので、借りれることは無いというわけです。

 

「収入の無い学生や主婦にも貸しているじゃないか」と思うかもしれませんが、こういった人の場合は保護者である親や旦那の収入といったものから返済が見込めるからこそ、融資されるというわけです。

 

じゃあ、違法営業をしているような闇金であればその可能性はあるのかというと、それも期待出来ません。
もしかしたら貸してくれるかもしれませんが、殆ど期待しない方が良いでしょう。

 

闇金だってお金を儲けるためにやっているわけですから、返済出来ない人にお金を貸す理屈がありません。
大人しく、借りるより稼ぐ方向に動く方が、労力は無駄にならないでしょう。

キャッシング申込みで必要なものについて

キャッシング申込みで必要なものについて書きたいと思います。

基本的にキャッシングする場所によって違うとしか言いようが無いのですがここでは、消費者金融について書きたいと思います。

 

キャッシングといいますと何か難しいし色んな書類を用意しないといけないと思われがちですが基本的には、免許証だけで大丈夫です。

場合によっては、会社の源泉徴収や給料明細を用意してくれといわれるかもしれませんが基本的に免許証だけで大丈夫です。

 

一番注意しないといけない事はやはり会社への確認の電話がある業者もあるという事です。会社に内緒で借りたいとか誰にも知られずに借りたいというならば、やはり源泉徴収票や給料明細などを求められる事がありますのでこれだけは注意してください。

 

しかし、金融業者も金融業社名で電話してくるのではなく、個人名で電話をしてくれますのでまあ、まずばれる事はないと思います。

最近では、店頭に行かなくてもパソコンだけで申し込みが完了し、本人確認郵便という免許証を提示しないと受け取れないというような郵便でカードを送ってきてくれる業者もありますので、色んな業者の申し込み形態を確認するのもいい方法だと思います。

 

また、キャッシングにつきものですが、利息というのが業者によってぜんぜん違います。5%のところもあれば、20%という業者もありますので利息は本当に確認してからお借り入れしたほうがいいと思います。