闇金から借り入れてしまった!そんなときは、まず専門家へ相談を!

闇金とは、国や都道府県に貸金業者としての登録を行っていない業者をいいます。
闇金では、銀行や消費者金融などから借り入れの出来ない個人を対象に貸付を行っています。
違法な高利で貸付を行い、回収方法も違法なことが多いことから大きな問題となっています。

 

闇金の貸付は、「不法原因給付」と呼ばれ、元金を含め、借りたお金を返済する義務はないといわれています。
しかし、だからといって、それをもとに個人が闇金と交渉をしようとすると大きなトラブルを生む可能性が高いことから注意が必要です。

 

また法的には返済義務がないからといって放置するのも危険です。
放置してしまうと、悪質な業者は、なんとか利息や元本を回収しようと、職場や家族、近所の人をも巻き込んでくるケースがあるからです。

「他社で断られていても大丈夫」

「ブラックでも貸付が出来ます」

 

そんな言葉に乗せられてしまい、闇金だと知らずに借り入れをしてしまう、というケースも多々あるかと思います。
利息が高いとしても、困っているときは、深く考えずに借り入れをしてしまう場合もあるでしょう。

 

そんな場合は、すぐに弁護士や司法書士に依頼することをおすすめします。
その場合は、なるべく、闇金相手の債務整理経験が豊富な弁護士や司法書士を探しましょう。
弁護士などが介入した時点で回収をあきらめる業者もいます。

 

借り入れた先が闇金だった、という場合でも、あきらめずに、まずは専門家へ相談してみましょう。

ヤミ金被害に強い弁護士に相談するメリットとは

長引く不況のせいか多重債務に陥ってしまったり、ブラックリストに掲載されて消費者金融や銀行からお金を借りられなくなった方がヤミ金被害に合うケースが増えています。
ヤミ金は利息制限法の上限利息を大幅に上回る高金利でお金を貸付しています。

 

闇金業者は返済できなくなると厳しい取り立てを行い言葉の暴力を用いますが、実際に行動を起こすものはほとんど居ないです。
それは貸したお金を回収するために逮捕されてしまっては割が合わないからです。

 

身内が闇金からお金を借りてしまって相談を受けたときは、ヤミ金被害に強い弁護士さんを勧めてみてはいかがでしょう。
一般的な弁護士さんはヤミ金は言葉で脅してくるために、徹底的に戦ってくれないことがありますが、

 

ヤミ金被害に強い弁護士さんなら徹底的に戦ってくれます。
まずはヤミ金業者に受任通知を発送し取り立てをストップさせます。

 

受任通知を受け取ったヤミ金業者は取り立てができなくなりますが、それでも厳しい取り立てを行ってくることが多いです。
借金をしたご本人は勿論のこと、ご家族や親兄弟や親せきや時には会社にまで取り立ての連絡が来ることがあります。

 

しかしここで応じてしまっていてはいつまで経ってもヤミ金と手を切ることは出来ないです。
ご家族や親兄弟、親せき、会社の人にはヤミ金の取り立てには応じないようにお伝えしておくことが大切です。

 

弁護士事務所にもよりますが費用はヤミ金1社で数万円、費用の分割払いに応じてくれる事務所もあります。

相談費用が払えない人は法テラスを利用してください

闇金からお金を借りてしまった事で大きな不安に襲われているでしょうが、心配はいりません。安全に闇金と手を切る為に一番大切な事は、闇金からお金を借りてしまった本人が冷静になる事と、身内や友人等周囲の人間が相談に乗ってあげる事です。

 

この先の未来に不安を感じている状態では、とにかく闇金へ返済する事ばかり考えてしまいますが、闇金から借りたお金は法律上返す必要の無いお金だという事を理解し、返済出来ない事に追い込まれるような事のないようにしましょう。周囲の人間も返済の必要がない事を言い聞かせる事が大切です。

 

とは言え、返済をしなければどんな取り立てをされるか分からないと怖くなるのは当然の事です。

実際に厳しい取り立てをするのが闇金の手口ですから、脅されてお金を払ってしまうという人も多いです。怖い闇金となれば周囲の人間でもそう簡単に助けてあげる事は出来ませんし、それは仕方のない事です。

 

安全に闇金から手を切る為にはやはり専門家への相談が第一です。

取り立てが酷いようであれば警察に相談する事も大切ですし、弁護士に相談をするのも良いでしょう。

 

費用面での心配があるのであれば費用の相談に乗ってくれる「法テラス」を利用するという方法もあります。

市区町村で無料の法律相談を開催している事もあるのでまずはそこで相談に乗ってもらうのも良いでしょう。

 

闇金から安全に手を切る為には周囲の人間のフォロー、協力がとても大切なので、励ましながら解決へと導くようにしましょう。

闇金と安全に縁を切るには第三者の介入が大事

闇金に関連するトラブルというのは、少なくはなっていますが根絶したとは言えません。

誰しもが闇金トラブルに巻き込まれる可能性はありますし、もし身内が闇金から借り入れを行ってしまっていたとして、後でその事を知った場合にどのような対処を取れば、安全に闇金との関係を断ち切れるのかというのは、知っておいて損になる情報ではありません。

 

闇金と安全に手を切るためには、必ず第三者の存在を介入させることです。
この場合は、闇金問題に取り組んでいる弁護士などがに相談することが効果的です。

 

本来、貸金業は貸金業法という法律に基づいて行わなければならないのですが、闇金はそういう法律を無視して行っているわけですから、法律の専門家を立てることで、安全に問題解決に臨むことが出来るようになります。

 

間違ってもやってはいけないのが、法律上返済の義務は無いからと放置していたり、第三者を立てずに個人で対応してしまうということです。
こういう対処法をしてしまうと、場合によっては金銭的被害だけではなく暴力などを振るわれたりする可能性もあります。
お金だけの問題ではなくなり、より問題がこじれてしまうので絶対にやってはいけません。

 

闇金をやっているような所は真っ当な業者ではありませんから、何をしてくるかはわかりません。
弁護士や警察を頼るというのは恥ずかしいことではありませんから、自身の安全のためにも必ずこういった第三者を頼るようにすること、とにかくそれが重要です。

闇金業者の問題を解決するには警察と弁護士のどちらが良いのか?

闇金問題の解決策!警察と弁護士のどちらが良いのか?

 

s6b1a003c-s闇金では、借りる際には無審査、無担保などと簡単に融資してくれますが、いざ利用したら最後、返済日になった途端に、不当な高い金利を上乗せして返済を求めてきます。

トイチ・トサン・トゴ」言う、闇金業者特有の10日で10割、3割、5割といった高い金利をふっかけられる場合もあります。

 

闇金では、法律で定められた年最大20%という金利を守られることはほとんどありません。

また、中には闇金と知らずに利用し泥沼にはまってしますケースも多くあります。

不当な金利の執拗な返済の取り立ては、勤務先や家族にまで影響を及ぼす場合もあります。

 

こういった場合、警察に相談しがちですが、実はこれはあまりいい方法とは言えません。

なぜなら、警察は何か事が起きた後でないと動きませんし、こういった問題にあまり積極的に介入してこないのが現状です。

逆に、闇金業者に警察に相談したことで、より嫌がらせが酷くなる場合もあります。

 

一番最適な解決方法としては、法律のプロである弁護士や司法書士に相談するのが最適な方法と言えます。

特に、闇金解決の窓口を開設している弁護士事務所がオススメです。

こういった事務所では、闇金の手口を熟知しており、解決のノウハウをしっかりと把握しているので、早期に問題を解消することができます。

闇金解決のプロに依頼することで、不当に高い金利はもちろん、元金の返済も一切不要となる場合もあります。

また、特にこういった闇金を扱う弁護士事務所では、警察と強力なパイプができているため、闇金業者からの暴行や脅迫からしっかりと守ってもらえます。

ヤミ金問題の解決は警察安全相談窓口を利用してください

ヤミ金にお金を借りてしまった時にまずしておくべき対策について

 

最近はヤミ金の手段も多様化しており、いかにも安全な金融業を装っているので間違って借入をしてしまう事は少なくはない事なのです。

最近ヤミ金の手口はとても巧妙で、いかにも安全な会社を装いダイレクトメールや広告、さらにはファックスなどでも宣伝が送られてきます。

このようなチラシなどを見ても、よくよく見なければわからないのがやはり手口なのですが、どうしても借り入れてしまった場合にはやはり警察などへの相談や、法律家への窓口相談なども受ける事を検討するべきです。

 

警察安全相談窓口

 

まずは一番手始めにすべき事と言えばやはり警察などに連絡をする事も第一なのですが、この場合は「警察安全相談窓口」という物も開設されていますので、こちらをまず利用してみる事が第一優先です。

民事不介入と言われる事もあるかもしれませんが、特に違法な貸し付けなどであればやはり犯罪には間違いありません。

きちんと状況を説明した上で、今までの状況の証拠なども取り置き警察に提出する事も大切です。

 

専門家の相談窓口

 

さらに、やはり専門家の窓口なども利用してみる事も大切です。

司法書士事務所や弁護士事務所などは、このヤミ金の対応にも応じてくれる事もありますので、このような窓口を利用してみる事もやはり一案です。

しかし、法律家に相談する時には、やはり多少はお金も必要になりますので、まずは警察での対応をしっかりお願いしてみてから、このような法律窓口に相談する事がやはり大切なのです。

闇金から手を切る二つの方法

ctr033a-s闇金(ヤミ金)」は違法業者です。

なので闇金から手を切るには闇金に手を出した人にもそれなりの覚悟が必要となります。

 

闇金と手を切らないとずっと自分も苦しいですし、家族や親族や知人までに迷惑がかかってしまうことも稀ではありません。

その点でもっとも必要なのは「立ち向かう勇気」かもしれません。

具体的に闇金から手を切る方法は二つあります。

 

全額返済

 

一つ目は闇金から借りたお金を全額返済することです。

利息だけではなく、元本も返済してしまうのです。

 

正規のルートで借金をすることもある程度必要かもしれません。

闇金の利息は正規のルートの借金の利息どころではすまないので少々無理しても返済できるなら返済してしまうことです。

 

ただし、完済するということは闇金にとってはお得様がなくなるということでもありますが、完済をさせないようにする策を用いる業者も少なくありません。

そのような場合には二つ目の方法が必要です。

 

専門家に依頼

 

もう一つの方法は専門家に依頼することです。

具体的には弁護士や司法書士などの法律の専門家がこれに当たります。

 

特に闇金との交渉などにはそれらの交渉などの経験が豊かであるような専門家を選ぶことです。

もともと闇金で融資をすること自体が犯罪を構成しますのでプロの専門家の介入によって闇金も手出しができなくなる場合がほとんどです。

ただ、その場合でもなかなかあきらめない闇金もあるでしょうから弁護士と一緒に粘り強く戦う気概を持ちましょう。

やはり本人の覚悟が重要となってきます。